オビツ11サイズ   Masumiが作る衣装の着せ方です
 狩衣風衣装  着物一体型袴スタイル  帯と一体型着物
   手首、足首を取り外したほうが着せやすいです   手首を取り外したほうが着せやすいです    手首を取り外したほうが着せやすいです
   下着をきせます

向かって左、右の順に合わせます
   着物に縫い付けてある襟(ここでは白)を合わせます

向かって左、右の順です
   こちらは着物に帯が縫い付けてあります

後ろから見た図です
   袴(指貫)
前から見た図です
   白い襟の上に添わせるように着物の衿(向かって左)を合わせます    マジックテープなどで止めるようになっていますので
それを外します
   留め具(ここではスナップ)がついているほうが後ろになります    向かって右側もあわせて
同時に袴についている留め具(ここではマジック)を合わせます
   前に向けます
   ひだを横に引っ張って広げます        手を通します

手首から先が写っていますが、取り外したほうがやりやすい方は手首は外したままです

着物に縫い付けた襟(ここでは白)を合わせます
左から
   裾を内側に織り込むように入れ込みます        着物に縫い付けてある襟(ここでは白)の向かって右を合わせたところです
   足を通すとこのようになります
裾は織り込んだままです
       着物も同じように
向かって左側を合わせ
右側を合わせます
   ここで足首をはめると良いと思います        帯をぐるりと回します
   狩衣を羽織らせ
首のところの留め具を留めます

その後袖を通しますが、先に袖を通しておいても大丈夫です
       後ろの留め具(ここではマジック)を留めます

出来上がりです
   狩衣の裾を膝くらいに持ち上げて
腰のベルトを留めます
       
   上に持ち上げていた分を腰ベルトの上におろします        
   袖はつまんで
織り込み、袖口の方に倒します
手首が見えるくらいに整えます