男袴は、着物を尻からげしましたが、女袴を着けるときは着物を短く着付けます
女物の着物は、男物の着物と違ってついたけではないので、腰紐をしておはしょりを作ります
膝したくらいに着物の裾が来るように着付けると袴の場合でも安心です
でもSDさんは走り回らないですからね、袴の裾から着物が出なければOKじゃないでしょうか。

前紐のつけ方は男袴と同じです。

(簡単に着せられるように前紐を短くしたものは、後ろに回して結ぶだけで、前には回しません。)
通常、前紐は後紐より細くて長いです

この写真は後ろです

帯の結び目にかぶせるように大紋腰(後ろの紐を取り付けたところ)を乗せます。
そして紐を前に回します
後ろ紐は前の脇よりでひとむすびします

右よりでも左よりでもいいです

このとき前紐の下をくぐらせて一緒に縛るとしっかりします
この写真は後ろ紐のみをひとむすびしたところです
(お人形はこれでも大丈夫のようです)
蝶々結びにします。

脇で結んでいるので、片方の紐が長くなります

長い方の紐を結び目のしたから通します
そして、結び目にかぶせたら出来上がりです
ブーツに合わせる時は袴はやや短めです
草履の場合は袴は長めです
出来上がりです