束帯、布袴の着付け
布袴(ほうこ)ようの袴は指抜(さしぬき)です
裾括り式のものは、狩衣のところをご覧ください

こちらの写真は引き上げ式になっています
裾からと腰から両方に紐がついていますので
あらかじめこの紐を結んで袴の裾を内側に折り込むように長さの調整をしておきます
さしぬきの前は、狩衣のさしぬきと同じく
前幅のほうが広いです
着付けしやすいように
前紐を短く(細め)作ってありますので
これで前と後をご判断ください

束帯の場合は表袴(うえのはかま)になります
大口は略して裾の見える部分だけ取り付けた形にしています

この袴は前開きです、左から来ている紐を右の脇のところをくぐらせて後ろを回り左側に戻ってきます
右から来ている紐とここで(向かって左側の腰のところ)結びます
十二単の長袴と同じように片結びにして、ワッカの部分は下に向けます
先ず、単をきせます
紐が縫い付けてありますので
他の着物と同様に着せることができます

その上に指貫です
前後を間違えないように足を通して
長さが良いかもう一度確認してから前紐を後で結びます
その後後の紐を前に回して蝶々結びにします(正しくはよくわかりません)

袴の裾は足の甲にかかるくらいに決めてくださいね

その上に下重ねを着せます
これは裾が続いている続き裾になっていますので
長い裾を後のほうに伸ばしてください
前の合わせなど着物と同じです
単より裄は短いので袖口から単がのぞきます

別裾の場合は
この下重ねの上に腰の位置から裾をつけることになります

袍を羽織らせます
前身ごろが長くなっていますので
仮紐で腰のあたりに紐を締めて丈の調整をします
後の丈と同じになるように持ち上げます

首周りはスナップがつけてありますので留めてください
とんぼ頭と受緒も留めてください
石帯をします
石(釦ですが)のついているほうを
腰に当てて、紐を前に回してもう一方のワッカになっている紐にくぐらせ、もう一本と結びます
石のついてないほうは
この段階ではだらんとしたにたれています

この段階で最初の仮紐ははずしてください
紐でしっかり固定できましたら
上の写真でだらりとたれていた方を持ち上げて差し込みます
袖幅はかなり広いです
袖口を手首のところに持ってきて
その上に重なるようにタックを二回とり重ねます
平緒用の紐に、太刀の紐を通して、腰にぶら下げられるようにして、先ず腰紐を先にまきます
紐は石帯の下に入れ込んでください

その紐に平緒を紐にかけます
平緒用の紐を用意しておりますが
こちらはそれを使わずに直接石帯の紐に太刀と平緒をかけてみました
このほうがかさばらなくていいかも知れません
お好きなほうで着付けてください
布袴(ほうこ)
出来上がりです。

束帯(そくたい)
出来上がりです
もう一枚