2010/3/14 ホームタウンドルパ京都7       
ブース全体の様子です

今回は「呉羽の里」とうこさまとコラボさせて頂きました

一番左「細長姿」 結局私は袿のみの製作で、白小袖、濃きの長袴、単、細長はとうこさまの製作です




細長のすぐ右は、トニーモデルの布袴(ほうこ) Masumi製作

その前の汗衫(かざみ)姿 とうこさま製作

その右のは、最初13少年用に作った創作着物ですがSD少女用に白小袖と紅の袴を合わせ、その上に赤い長襦袢と着物を平安衣裳風に羽織らせました。
展示は裾までの丈の袴をはいていますが、お客様は長袴が良いとの事で長袴のセットで買って頂きました


さらに右は、13少女の引き振袖 

後ろの方に隠れるように立っている榊が着ているのは13少年サイズの振袖
ちびっ子たち(幼SD)

 男の子・・狩衣
 女の子・・衵(あこめ)姿




開場時の展示はここまでです
藤立湧文様の細長姿を買っていただいたので、とうこさま製作の
雲立涌地紋花の丸紋様細長に着替えました

とても高価な生地で仕立てられており素晴らしい衣装です
狭くて細長の裾がうまく伸ばせなかったのが申し訳なかったです
創作衣装を着ている子はSD少女ですが、荷造り中にお目目が取れてしまい急遽 眠り翔君のヘッドを借りました
13少年と勘違いさせてしまい申し訳ございませんでしたSD少女サイズのボディでした
さらに、振袖と創作衣装がお嫁に行ってしまったので
とうこさま製作の袿姿に着替えています







頂きものの写真も使わせて頂きました、ありがとうございました